フィリピンでの増税

この度11月20日、フィリピンの上院本会議で、酒・煙草の増税案が賛成

多数(上院議員23人中15人が賛成、反対が2人、棄権が6人)で可決され

ました。

この可決案で、2017年までの5年間で、煙草1箱当たり26ペソまで、

段階的に引き上げられます。酒税も同様に1リットル当たり20ペソ、それ

に小売価格の15%が課税される予定とか?

税収の割合は、、煙草6割、お酒は4割で初年度の税収目標額は395億

(現在のレートで790億円)ペソ、2017年度には644億(現在のレー

トで1288億円)ペソの税収入になる。この法案により2017年には、

マルボロが1箱37~43ペソ(購入する場所で若干値段が違う。例えば、

ショッピングモールでは37ペソ、セブンイレブンでは43ペソと開きがあ

ります)から、単純計算で1箱63~69ペソになります!

しかし、国民の70%が貧困層と言われているフィリピン、この人たちの煙

草代はどうなるのでしょうかねぇ~!貧乏人は、煙草も我慢しなさいと言う

事でしょうかねぇ~!

そうして、この増税で私腹を肥やす輩が出てこなければいいのですが!

11月21日マニラ新聞記事抜粋



************ ポチッとお願いします。 *************
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピンナイトライフ情報(ノンアダルト)へ フィリピン パラダイス ランキング フィリピンサイト トップ100−filipin site Top100

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す